おうち英語

【0歳1歳2歳】おうち英語はいつから始める?進め方と実際に効果があった教材を年齢別に紹介

数年前から、英語が重要視されてきているのは皆さんご存じだと思います。

グローバル化が進んで、英語を使える人が重宝される社会で、子どもたちが「英語の習得につまずかないようにしてあげたい」と思うお父さんやお母さんも多いのではないでしょうか?

ただ

「おうち英語はいつから始めるべきなのか」

「どんな教育をしてあげたらいいのか」

など分からないことだらけですよね。

今回は、お父さんやお母さんのおうち英語に対する疑問を解決していきます!

おうち英語はいつから始めたらいい?

赤ちゃんの頃から英語を始めるメリットを皆さんはご存知ですか?

メリットは大きく分けて2つあります。

  1. 英語の需要が高まっている
  2. 赤ちゃんは言葉を覚える能力が優れている

ですので、ぜひ0歳かおうち英語を始めてあげてください!

子どもの英語教育は、早ければ早いほどいいのです。

将来日本で英語を使うことの重要性は、年々高まってきています。
その為、2020年からは小学5年生で教科として英語の学習を取り入れられるようになりました。

英語を避けては通れない時代になってきているということですね。

ですが、日本語が完璧でないうちから英語の学習をさせると「混乱して日本語を話すことが遅れてしまうのではないか」と不安に感じているお父さんやお母さんもいらっしゃると思います。

安心してください^^

子どもの脳は言葉の吸収がはやいので、日本語と英語が違う言語ということをしっかり認識できているのです。

さらに、音を聞き分ける柔軟性をもっています。

日本で生活している限り、日本語が疎かになってしまう可能性は考えにくいでしょう。

ここで少し子どもの脳の話になりますが、実は子どもの脳は、3歳になるまでに脳の発達がほとんど形成されると言われています。
なかでも生後すぐに発達するのが、「視覚」と「聴覚」です。

幼い頃に日本語の音しか耳にしていないと、英語にしかない音の発音が難しくなってしまいます。
ですので、幼児期までに英語の音を吸収させることで「l」や「r」などの英語独自の音がスムーズに聞き分けられるようになるのです。

赤ちゃんにここまで言葉を覚える能力があるとは驚きますよね!

ぜひお子さんが幼いうちに「日頃から英語の音を聴く」習慣をつけてあげてください!

おうち英語のやり方は?年齢別に紹介

赤ちゃんの頃から英語を習慣化させた方がいいことはわかったけど、実際にどんなことをすればいいの?と思っているお父さんやお母さん必見!

お子さんに英語に興味を持ってもらうためには、年相応の英語学習が大切になってきます。特に、0歳〜2歳はインプット能力が高い時期になるので、英語に飽きないように教えてあげることがポイントです!

それでは、お子さんの年代別に合わせたオススメのおうち英語学習をご紹介します。

0歳からのおうち英語

0歳のお子さんには「英語絵本」や「CDのかけ流し」などの目で見て、耳で聴く英語を楽しませてあげることが大切です。

ここで注意していただきたいことは、なるべくネイティブの英語の発音を聴かせてあげること!

聴覚が発達する大切な時期なので、正しい英語の発音をインプットさせてあげることで後の英語の発音やスピーキングにいい影響を与えてくれるでしょう。

また、子どもは表情やしぐさからも言葉を覚えると言われています。

その為、絵本などはお母さんやお父さんが読み聞かせてあげることをオススメしますが、英語に自信のない方は、音声付きの絵本を一緒に楽しんであげてくださいね。

子どもとスキンシップを取りながら、遊びの延長線上でおうち英語を取り入れてあげることによって、子どもの好奇心をくすぶってあげましょう。

1歳からのおうち英語

1歳のお子さんには「おもちゃ」を使ったりして遊びながら学べる英語を楽しませてあげることが大切です。

子どもは1歳あたりで脳がほぼ出来上がり、記憶が形成されるようになるので、

コミュニケーションをとりながら「楽しい」を伝えてあげることで英語に興味を持ってくれるようになります。

また手先の器用さも、脳の発達に影響すると言われているので指先を使ったおもちゃなどがおすすめです。

ゲーム感覚で英語を学べるおもちゃで、スキンシップやコミュニケーションをとり興味を刺激しあげてください。

日本に住んでいても、日常生活で英語に触れることが「当たり前」だと思える生活をしていれば、自然と英語のリスニング力も高まります。

継続することが何よりも大切です!

2歳からのおうち英語

2歳のお子さんには「英文を聴かせる練習」を徐々に始めていってあげましょう!

2歳になると言葉の数が増えてきて、日本語も2語以上話すことが増えてきます。

なので英語も単語だけではなく、英文を聞かせることによって英文法の知識が自然に身につくようになります。

勉強方法としては、タッチペンを使った教材や、DVDでも会話が多いアニメなどを使って英文に慣れさせてあげることが大切です。

動きと連動させて英文を練習することによって、記憶が発達するので体を動かしながら学べるDVDなどを探してみるのもオススメします。

2歳は自我が芽生え始める頃なので、いかに英語が楽しいと興味を持ってもらうかが重要になってきます。

一人の人間として、意見や興味を尊重してあげることが、今後の英語の学習にも関わってくるので、子どもの気持ちを大切にしてあげてくださいね。

おうち英語を始めるなら語りかけをしよう!

おうち英語では、お父さんやお母さんの「語りかけ」が非常に重要になってきます。

子どもが何か発したことや、行動したことによって、お父さんやお母さんが反応してあげると、子どもは「お母さんが笑ってる」「お父さんが嬉しそう」と思い、またやってみよう!と思うようになります。

このような思いを繰り返すと、赤ちゃんは「相手に何かを伝えたい」と思うようになっていき、それが言葉の発達にも大きく関係してくるのです。

特に、子どもは生後すぐにお母さんの声を聞き分けるということができ、お母さんの声は子どもの脳を活性化させるということが、アメリカのスタンフォード大学医学部の研究でも明らかになっています。

親と子どものコミュニケーションが一番大切な時期になるので、子どもと一緒に楽しむことをぜひ心がけてあげてくださいね^^

まとめ

  • おうち英語は早ければ早いほどいい
  • 子どもは日本語と英語を聞き分けることができる
  • なるべくネイティブ発音を聞かせてあげる
  • 年代別に楽しめる英語学習がオススメ
  • 親も一緒に楽しむことで子どもの成長につながる

今回は、0歳〜2歳までのおうち英語についてご紹介しました。

この記事を読んで「いつから始めたらいいのか」「どんな風に教えたらいいのか」という疑問は解決できましたか?

特に赤ちゃんの脳の成長スピードには驚いた方も多いことかと思います。

いろんなことに興味があり素直に吸収できるうちに沢山の経験をさせてあげましょう。

そして、何度もお伝えしてきましたが、親子で英語を楽しむことが一番大切です!

赤ちゃんの頃から英語に触れさせることで、子どもの将来の手助けになります。

ぜひお父さんやお母さんが、根気強く、楽しく英語を教えてあげてくださいね!

お子さんが将来、さまざまな国や言語に興味を持ち、英語が好きだから勉強しているという気持ちを持てるように、赤ちゃんのうちから大人がサポートしてあげましょう。

ABOUT ME
あやなみママ
1歳と6歳のワーママ。次女の育休中に「おうち英語」に目覚め、10社以上の英語教材を試す。 1歳次女は車を見れば「car」!りんごを食べれば「apple」!と着々と英語をマスター中。
アメリカNo. 1アプリ!楽しく英語が学べる楽天ABCマウス

教材レスでお部屋が散らかることなく、取り組める英語学習アプリ。

楽天ABCマウスは「楽しさ」「お手軽さ」「アクティビティ(ゲーム)数」を極めた英語学習アプリです。

本場アメリカでも、ダウンロード数No. 1に選ばれました。

使い方も簡単!お手持ちのスマホやタブレットにアプリをDLするだけOK!

月々1,980円で6000以上のアクティビティが遊び放題でコスパも抜群です。

まずは、2週間お試しから始めてみませんか?

\全米No. 1英語アプリを試そう!/

【Rakuten ABCmouse】公式サイトを見る

▲2週間の無料体験あり▲

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA